アナフィラキシー:アレルギーの基本的医療情報

アナフィラキシー

アナフィラキシーの症状

アナフィラキシーは、原因アレルゲンを食べたり、注射によって(数分後から2時間後くらいまで)、急激に血圧が下がってしまう状態アレルギーのことです。
冷や汗が出たり、じんましんが起こったり、気管支ぜん息などが起こったりします。
喉が腫れてしまって窒息してしまう、喉頭浮腫という症状も怖い症状です。脳への血流が止まってしまうと、意識を失ってしまいます。処置が遅れると、命の危険を伴います。
どういう状態に関わらず、一刻も早く救急処置を開始しなければなりません。

アナフィラキシーの原因

アナフィラキシーを起こすアレルゲンは多種多様です。そばやエビ、貝、ゴマ、卵などいろいろなアレルギーものがあります。
また、薬にもアレルギーがあって、ペニシリン系抗生物質や、局所麻酔薬、予防接種の注射の直後などその範囲は多岐にわたります。
職業性のアレルギーで有名なのは、ミツバチ業者のハチアレルギーですね。
その他、昆虫の噛み傷/刺し傷、馬の血清(一部のワクチンに使用される)などもあります。
花粉や吸入されるアレルゲンでは、アナフィラキシーを引き起こすことはまれなようです。一部の患者は、特定できる原因が無いにも関わらず、アナフィラキシー反応を起こしたりします。

アナフィラキシーの対策

とりあえず、頭を低く、足を高くして横になることです。嘔吐することが多いですから、喉につまらないように気をつけなければなりません。体が冷えるので温めてください。
症状が軽ければ、1時間ほどで治まりますが、見ているうちに進行しているときは、間髪入れず、救急車を呼びましょう。
万が一、呼吸が止まってしまったら、人工呼吸や心臓マッサージを行います。病院に到着するまで心臓が動いていれば、ほぼ救命されます。

食物依存性運動誘発性アナフィラキシー

これは、特定の食べ物(貝類、カニ、エビなど)を食べたあとに、激しい運動をすることによってアナフィラキシーを起こすときがあります。この症状は、食べただけ、注射運動しただけではほとんど無症状です。

予防接種とアレルギー

卵アレルギーが強い子供などで、麻しんワクチンを打つ時は、あらかじめ皮膚に少量のワクチンを注射して反応を確認して、数回に分けて打つような処置をすることで、アレルギーがあっても予防接種は受けられます。
この場合は、十分に注意が必要ですから、予防接種外来で注射を打ってもらう必要があります。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ アナフィラキシー