病院選び:アレルギーの基本的医療情報

病院選び

アレルギー専門医にかかる

アレルギーで病院にいく場合、皮膚炎、鼻炎、咳など症状は多岐にわたります。そのためいろいろな科(小児科、内科、耳鼻科など)と関わりがあり、どこの科の医者病院に行けばよいか迷うところです。
そういう場合は、アレルギーを専門にしているお医者さんに診てもらうのが良いでしょう。
内科や小児科の医師は全身を診る訓練をしていることが多いので、鼻や目などについても相談してみると良いでしょう。
また、治療は長期間にわたりますので、丁寧に答えてくれる医師を選んだほうが賢明です。
薬の内容などの質問に答えてくれないような医師とは付き合ってはいけません。

上手な医者のかかり方

どの医師にかかるときにも大切なことですが、アレルギーの治療は、生活に密接に関わっているため、自分や家族の情報が非常に大切になってきます。
症状が悪化したときなど、どういうきっかけがあったのか、などを知ることで多くの場合、アレルギーの原因にたどり着くことが出来るのです。
離乳食でアトピー性皮膚炎が悪化した、友人の家に行ったらペットがいて悪化した、などの情報からアレルゲンを推測できることが多々あります。
こうしたことは、日頃から日記のように食生活や行動を控えておくことが重要になってきます。

医師と患者

アレルギーは一人一人症状や原因が違うので、一つの方法で良くなるということは、医者あまりありません。
医師としては、アドバイスは出来るのですが、それを実践していくのは、自分自身や家族なのです。ですので、アレルギーの治療は、患者や家族と医療機関の共同の治療と言えるのです。
アレルギーの治療は、長期にわたりますので、医師との良好な関係は一番大切です。医師の前に行くと聞きたい事も聞けなかった、などということがしばしばあります。こういうときは、前もって聞きたいことを書いておき、忘れないようにすると医者良いです。

親切な医療機関

アレルギーというのは、衣食住と密接に関係していますので、そのことをきちんと説明してくれる医療機関を選ぶことが大切です。
医師だけの説明ではなく、看護士や薬剤師などの人が、親切に説明してくれるようなところは、医師から気軽に聞けないことも聞くことが出来たりします。
こういうところは、医療機関全体としてアレルギーが位置づけられていて、選択の時に大切なポイントとなります。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ 病院選び