かゆみ:アレルギーの基本的医療情報

かゆみ

かゆみとは?

かゆみは、皮膚の知覚神経の中でも、痛みや熱さを感じる神経の働きが脳に伝わって感じるものなのです。そのため、かゆみをなくすことは、ケガを負っても痛くないようなかゆみ体にすることと同じくらいの難しいことです。

かゆみの主な原因としては、ヒスタミンという化学物質だとされています。それだけではなく、サブスタンスPやキニンといった神経の信号を伝達する化学物質も大いに関係しています。
現代の薬で、ヒスタミンの作用をほど抑えることは出来るのですが、神経伝達物質を止めることはできないのです。かゆみ止め、と呼んでいる抗ヒスタミン剤が、ほとんど効き目が無いのは、このためなのです。
市販の虫刺され薬やメントールなどで、一時的に抑えたところで、かえって神経を刺激することになるので、慢性の湿疹等には使われません。

普通にできるかゆみ対策

湿しんで起こるかゆみは、体か温まった時や、汚れが付いて刺激を受けている時に感じやすくなっています。入浴はしっかりとし、出る前には、ぬるま湯か水をかぶって、体の火照りを抑えることが重要です。

また、乾燥肌は、刺激を受けやすい状態にあります。保湿剤を使ったスキンケアが大切になってきます。
あと、毛糸や化学繊維など、衣服の繊維にも気をつけたほうが良いですね。

かくことを防止する

かき傷ができると、次の刺激物質が入りやすくなり、細菌感染も起こしやすくなる状態になるため、湿しんの治療は、かき傷を作らないことがかゆみ重要です。
手袋をして寝たり、爪はもちろん短く切っておき、かゆいときは冷たいタオルで冷やしてしのぐなど、かき壊さないようにしなければなりません。
子供には、あまりかくのを叱ったりすると、ストレスになりますので、ある程度で妥協点が必要になってきます。

睡眠不足

かゆすぎて眠れないことは良くあることです。眠れないのは、かゆい以上に深刻な問題です。
こういう場合は、抗ヒスタミン薬の眠気を起こす効果を利用して、寝る前に強い抗ヒスタミン剤を飲むのも一つの方法です。大人の場合は、睡眠剤を利用することもできます。

抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤は、風邪薬などにも使われ、眠気を起こす原因になります。その中でもアタラックス、ポララミン、ダンリッチなどは、かゆみ作用も強い代わりに眠気も強く、夜間のかゆみ止めに一役かいます。
眠くなっては困る人には、抗ヒスタミン剤の中でも、眠気の少ないものを使われるようです。
薬の種類は、アレジオン、エバステル、トリルダンといったものです。
昔の薬で眠くなって困っていた人は、これらの眠気の少ない薬を使うと良いでしょう。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ かゆみ