薬と副作用:アレルギーの基本的医療情報

薬と副作用

副作用の心得

副作用を心配して、薬を全然使わない人、また、薬に頼りきってしまう人、さまざま薬です。
薬を使わなくても、症状が治まれば良いですが、そうでない人は、使うしかない選択を迫られるようです。
アレルギーの薬の中には、長期間使い続けるものが少なくありません。少しでも疑問があれば、主治医の先生と良く話し合って、納得して薬を使用することが大切です。

抗ヒスタミン薬

かゆみ止めとして使われる薬です。
眠気を起こすことが多々ありますので、使用には注意が必要です。
前立腺肥大の人や、緑内障の人は、使用時にはしっかりと主治医の先生と相談しましょう。

抗アレルギー薬(内服)

眠気を起こす要素が一部にはあります。
この薬は、比較的安全性が高い薬と言われています。

抗アレルギー薬(吸入)インタール

吸入時に、咳が出ることがあります。
しかし、副作用の心配が少ない薬ではあります。

交感神経刺激薬(内服)

この薬は、飲みすぎてしまうと、頭が痛くなったり、気持ちが悪くなったり、手が震えたり、といろいろな症状が起こることがあります。
この種の薬は、吸入薬やテープの形で処方されることがあります。これらと一緒に使うと症状が出ることがありますので、注意してください。

交感神経刺激薬(吸入)

副作用は内服薬と同じですが、ハンディタイプのものは、非常に便利なため、頼りがちになってしまいます。重症時は、次のレベルの治療への移行が遅れる危険がありますので、使用には注意をしてください。

ステロイド薬(吸入)

この薬は、喉への刺激があったり、口内にカビが生えたりすることがありますが、スペーサーというバッグをつけることでかなり軽減されます。吸入後のうがいは必須です。
ひとくちにステロイド薬と言っても副作用は起きにくく改善されていて、成人では比較的安全とされています。しかし、小児では、安全性の確立はまだ不十分で慎重に使われています。

キサンチン薬

テオドール、スロービット、テオロングなどがあります。
この薬は、飲みすぎに注意が必要です。体内で濃度が高くなると、吐き気を起こしたりします。さらに濃度が高くなると、けいれんなどを起こしてしまう可能性があるので、決められた量を決められた時間間隔で飲むように注意します。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ 薬と副作用