アレルギーの仕組み:アレルギーの基本的医療情報

アレルギーの仕組み

即時型反応

動物というものは、対外から入り込んでくる異物(抗原)に対して、抗体を作ります。即時型反応その抗体で体を守るという仕組み(免疫力)があります。
数ある抗体の中で「IgE抗体」は、古くは寄生虫を退治する抗体でした。しかし、寄生虫が少なくなった現在では、食べ物やホコリなどに対してアレルギー反応を起こしてしまう悪者になっています。

「感作された」状態とは、スギ花粉や卵などの特定の物質にIgE抗体ができてしまうことをいいます。
IgE抗体は、肥満細胞と呼ばれる、皮膚や粘膜の下に潜む細胞と結合して、抗原が入ってくることを待ち構えているのです。再び同じ抗原が侵入してIgE抗体に結合すれば、肥満細胞はヒスタミンやロイコトリエンといった科学伝達物質の収縮といったアレルギー反応を引き起こします。
この反応速度から、抗原に出会ってから反応するまでが15分以内と早いため、「即時型反応」と呼ばれます。

遅延型反応

即時型反応は、1時間以内にほぼ治まってくるのが特徴です。
しかし、また数時間後に再び喘息や湿疹症状が出ることがあります。この遅延型反応は、はじめにアレルギー反応が起こった場所に、リンパ球や好酸球が集まり、アレルギー性の炎症が起きることによるものです。
この症状が繰り返し起きると、アレルギー症状が慢性化して、やがては気管支粘膜や皮膚の構造が破壊されて非常に治りにくくなってしまいます。
これらの炎症反応によって、からだに障害を負ってしまうと、その組織が戻るまでには1ヶ月以上の時間が必要になってきます。

アレルギー性症状を抑える

はっきりとした症状を起こさない程度でもアレルギー性炎症を引き起こすのが、即時型反応アレルギー症状です。肥満細胞が活性化しているところでは、新たにIgE抗体が作られやすいという悪循環に陥ります。
アレルギー治療の目的は、単に症状を抑えておくだけではなく、これらの炎症を断ち切ることに意味があります。
抗アレルギー剤は、症状が無いときでも続けて使用します。これは、肥満細胞の反応性を抑えてアレルギー性炎症を断ち切るために行います。
調子が良くても、完全に断ち切るまでは、行わなくてはなりません。

即時型アレルギー(I型)

アトピー性皮膚炎やぜん息の人の約9割は、即時型アレルギーを持っているといわれています。
例えば、食べ物アレルギーを持っている人は、食べてから30分以内にじんましんやむくみ、ぜん息、嘔吐などの症状が出ます。
疑わしい抗原を血液検査や皮膚反応でチェックして、IgE抗体が高ければ診断はほぼ確定です。一般的にどの病院でも行われている簡単な検査です。
注意としては、IgE抗体が陽性だったからといって、それが反応しているとは限らないことです。特に食物アレルゲンの場合は、検査で陽性になっても、症状には関係していない、というようなことは良くあります。

遅発型アレルギー(Ⅳ型)

リンパ球が抗原に直接反応して遅発型アレルギー炎症を起こす病気のことを遅発型アレルギーといいます。
典型的な例では、金属アレルギーや化粧品アレルギーなどがあり、特定の成分だけに反応してしまう場合です。
これは、皮膚科でパッチテストを行えば、陽性反応が出れば診断は確定です。
子供のぜん息の1~2割程度、大人のぜん息の半分程度はIgE抗体が陰性であるといわれています。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ アレルギーの仕組み