アレルギー症状と用語解説:アレルギーの基本的医療情報

アレルギー症状と用語解説

寛解(アウトグロー)型アレルギー

寛解(アウトグロー)型アレルギーの症状は、乳幼児期のアトピー性皮膚炎や小学校入学前のぜん息様気管支炎の段階でアレルギーほぼ治ってしまいます。
症状も軽く、血液検査の反応も軽いことが多いようです。
成人になってからアトピー性皮膚炎が始まった人の中には、こういう前歴を持った人が半数くらいいるといわれています。
寛解型は、検査上はホコリやダニアレルギーを持ち続けている場合が多く、IgEの値はほぼ一生変わらないようです。生活が乱れがちになったり、ストレスが溜まったりすると、眠っていたアレルギー反応が騒ぎ出すようです。生活習慣は大切です。

軽症持続型アレルギー

軽症持続型アレルギーの症状は、軽いアトピー性皮膚炎やぜん息が小学生後半まで持続して起こります。体力がついてくると、ぜん息発作は徐々にでなくなりますが、風邪を引いたり、無理をすると、まだまだ症状が持続するようです。鼻炎や結膜炎などを合併していることも多々あります。
症状が出たときには軽くみないで、きちんと治療することが大切になってきます。

重症持続型アレルギー

徹底的な治療にもかかわらず、重症のぜん息やアトピー性皮膚炎が成人まで持ち越してしまう場合も少なからずあります。
日常生活には支障が無い程度には治療法が進んできましたが病院とは縁が切れない状態です。
薬の副作用には十分注意して上手に使うことが、中高年になっても問題を起こしにくい結果が出るのです。

典型的即時型アレルギー

典型的即時型アレルギーの症状は、大人になってから始まった典型的なアレルギーです。
そばアレルギーやアレルギーえびアレルギーなどがこれにあたります。
ペニシリンなどの薬物アレルギーや蜜蜂アレルギー、スギ花粉症、動物アレルギーなどもこのアレルギーに含まれます。
ただし、アレルゲンとの接触が無ければ何も症状が出ることは無く、病院に通う必要もありませんが、治ることはありません。

抗原

ばい菌やウイルス、食品、花粉、ほこりなど、体に侵入してくる異物のことをいいます。

抗体

IgG、IgE、IgA、IgMの4種類が代表的で、異物を排除するために作られたたんぱく質のことをいいます。一つの抗原には一つの抗体のみ有効です。
IgMは感染症の初期に、IgGは感染症の根治のために、IgAは粘膜表面でそれぞれ働きます。呼び方の例としては、「ダニ特異IgE抗体」などという呼び方をします。

リンパ球

体の免疫をつかさどる司令塔の役目をします。
Bリンパ球は抗体を作り、アレルギー細胞Tリンパ球は免疫の調節や異物の排除をする働きがあります。

肥満細胞

肥満細胞とは、アレルギー反応の主役で、血液検査には出てきません。腸の粘膜や皮膚や気管支の中に存在します。
ヒスタミンなどを溜め込んだ顆粒を細胞いっぱいに持っていますので、この名前がついたようです。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ アレルギー症状と用語解説