スキンケアでアトピー克服:アレルギーの基本的医療情報

スキンケアでアトピー克服

肌を清潔にしよう

アトピー性皮膚炎の人は、肌が傷ついています。そのため弱い茂樹でも肌に影響があります。黄色ブドウ球菌というバイ菌も付いていたり、肌がカサカサになりがちです。
このために肌の手入れには、気を配って行う必要がバスルームあります。

肌を清潔にしよう・入浴

37~8度のぬるめのお湯で長めに入浴すると良いでしょう。
熱いお湯は、かゆみを誘発します。

石鹸は、固形石鹸(香料が使われていないもの)を使います。ナイロンタオルやブラシではゴシゴシ洗わないことは、ご承知のとおりです。
シャンプーは、皮膚に残りやすいので、薄めて使います。

肌を清潔にしよう・水かぶり

冬は寒いのでぬるま湯でも構いません。水かぶりは、かゆみを抑えたり、自律神経のバランスを改善させますので、オススメです。
入浴後の体の水分の拭き取りにも皮膚をこすらなないように注意します。

肌に潤いを・入浴剤

入浴剤は、一般的にはアトピーによくありません。
しかし、中には保湿作用がある入浴剤もあります。効くケースもありますので、バス試してみるのも良いでしょう。

肌に潤いを・塗り薬

塗り薬は、肌に潤いが残っている入浴後にすぐに塗るのが効果的です。表面に薄く延ばすように使用します。
何回も使用しないと効果が出にくいですので、個人個人の肌に合ったものを選ぶことが重要です。

使われる塗り薬

・保湿剤(肌に潤いを与えます)
ザーネ、ケラチナミン、バスウレパール、ヒルドイド。

・保護剤(肌の表面に膜を作ります)
オリーブ油、ワセリン、ベビーオイル、ツバキ油。

激を避ける・つめを切る

かいたときにできるだけ影響が少なくなるように、爪はきっちりと切って、手はよく洗うようにします。
どうしてもかいてしまうのがアトピーなのです。

肌の刺激を避ける・紫外線

長時間、日光に当たるのはなるべく避けましょう。日光に当たって悪化する例が後を絶ちません。
また、衣類は綿100%のものを選ぶようにします。

温泉とアトピー

温泉療法は決して悪いものではありません。リラックスできますし、温泉食事もおいしいです。
しかし、温泉の泉質にはさまざまなものがあり、自分の肌にマッチすれば良いですが、逆に要らないものをもらってしまうこともあります。このあたりは、自分の症状の程度と相談して決めるようにしましょう。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ スキンケアでアトピー克服