ステロイド:アレルギーの基本的医療情報

ステロイド

ステロイドとは

ステロイドは諸刃の剣とよく言われます。時にはアレルギーすばらしい結果を生みますが、時には副作用が問題になったりします。どちらかだけに注目するのではなく、両方を十分に熟知した上で上手に使うことが重要です。
成人のアトピーの場合は、治療も長期にわたることがあるため、お医者さんと良く相談することです。
症状が悪化したときは、症状に応じたステロイドの使用も重要になってきます。

ステロイドの効果

ステロイドは、赤みやかゆみが強いときに効果を発揮します。逆に、ステロイド以外の薬ではなかなか効果がありません。悪化を放置していますと、悪循環を起こして、ますます症状がひどくなります。こういう場合、どこかで悪化の悪循環を薬断ち切らなければなりません。
症状が軽い場合は、ステロイドではなく、乾燥を防ぐ、保湿剤が使われます。

ステロイドの副作用

飲み薬や注射薬と、塗り薬では、同じステロイドでも副作用が異なります。
塗り薬では問題になるのは皮膚での副作用ですが、飲み薬や注射は、副作用は全身に及びます。

ステロイドの強さ

ステロイドの塗り薬には、強さでランク付けがあり、大まかに言えば効果の高いものほど副作用は強いといえるでしょう。医療機関によって独自で塗り薬混合処方しているところは、どれくらいの強さがあるか、しっかり教えてもらうようにしましょう。

ステロイドの塗る場所と副作用

たとえ同じステロイドを使っていても、塗る場所によって、副作用の起こりやすさは変わってきます。副作用が起きやすいところとしては、陰嚢や脇の下、顔などはステロイドが吸収されやすいです。副作用の起きにくいところとしては、足の裏の皮膚などがあります。ここは、強いもので無いと効果が出にくいようです。
このように、同じ薬を使っていても、塗る場所によって効果が違ってきますので、注意しましょう。

状況に応じて使う

症状が悪化して最初の頃は、強めの薬を短期間使い、塗り薬早めに症状を改善させます。

少し良くなったら徐々に弱いものに変えていき、最終的にはなるべく弱いものに変えていきコントロールします。

強いステロイドを塗るときには、周りのひどくない部分に付かないように、慎重に塗りましょう。

 
アレルギーの基本的医療情報 TOPへ ステロイド